続・事業計画は、○○○○が大事!

Vol.186

いつもありがとうございます。

 

二代目社長専門

お金のセーフティパートナー

 

東條です。

 

 

 

昨日、事業計画についての

記事を書いております。

 

簡単に振り返ると、

 

社長自らが事業計画を策定しましたが、

その数字が、

ほとんど現状維持だったわけです。

 

現状維持の事業計画には

問題点が複数あるということです。

 

 

ひとつ目の問題点が、

 

その事業計画を従業員たちと

堂々と共有できるかということ

 

詳しくはコチラ☟

資金繰りがうまくいかない30代40代2代目社長...
資金繰りがうまくいかない30代40代2代目社長の業績改善をサポートする名古屋市の東...
http://tojo-kaikei.com/management/%e4%ba%8b%e6%a5%ad%e8%a8%88%e7%94%bb%e3%81%af%e3%80%81%e2%97%8b%e2%97%8b%e2%97%8b%e2%97%8b%e3%81%8c%e5%a4%a7%e4%ba%8b%ef%bc%81/
名古屋発!「経営コンサル」&「税務会計」両輪の税理士事務所

 

 

 

ふたつ目の問題点です。

 

一度立てた計画は、それを大きく上回ることはあり得ない。

 

 

現状維持の売上計画を立てた時点で、

どんなに良い結果でも「微増」

ほとんどの場合は「右肩下がり」です。

 

 

ダイエットで考えてみると分かりやすいです。

 

『5キロ痩せる』

 

という目標を立てた人が

10キロ痩せることはありません。

 

勢いで6キロくらい痩せることは

あるかもしれませんが、

そこまで大きく上回る結果を

得られることはありません。

 

 

とりあえず、5キロ痩せたら

そこで一段落です。

 

その後どうするかはそれから決めますよね。

 

 

ダイエットを継続して、さらに5キロ痩せるか、

そこでストップするかは

そのとき決めればいいです。

 

そもそも、5キロ痩せようとしているんです。

 

毎日毎日体重計に乗って体重を測定して、

5キロ減ったら、充実感で満たされますよね。

 

 

 

現状とゴールの設定さえしてしまえば、

中盤は、つじつま合わせ

です。

 

ゴールを達成するために、

実践を繰り返していき、

帳尻を合わせます。

 

 

 

事業計画を立てる際のスタート地点を

売上高や粗利益

から持ってくると

こういう感じになります。

 

超★ドンブリ経営のすすめ 著・和仁達也先生 より 「お金のブロックパズル」

 

 

手が届くか届かないかギリギリのライン設定

売上目標や利益目標を立て、

その結果、毎年お金がどれだけ残るかを

シミュレーションします。

 

 

 

これも重要です。

 

 

しかし、

事業計画を立てる際に最も重要なことは、

 

「なぜ、その目標を達成する必要があるのか?」

 

という根拠です。

 

 

これがないことには、

モチベーションの維持が

相当しんどいです。

 

ひとたび、下方修正が頭によぎった途端、

目標値は簡単に下がります。

 

では、目標を達成しなければならない理由

 

これをどうやって根拠付けましょうか?

 

 

続きは、また明日にしますね。

 

 

東條でした。

それでは、また明日!