最善手を打つ

Vol.195

いつもありがとうございます。

 

二代目社長専門

お金のセーフティパートナー

 

東條です。

 

 

 

いやぁ、惜しかった!!

 

もうちょっとでしたけどね。

 

 

羽生さん

 

 

相手が上手でしたね。

 

強かった!

 

 

なんせ、確実に将来を背負って立つ

若手の新星ですからね。

 

 

うちは、

僕以外全員、藤井くんの応援でしたが…

 

 

 

今日は、

 

将棋界の生ける伝説・永世七冠

羽生善治氏

 

 

将棋界の新星

藤井聡太氏

 

 

このふたりの初の公式戦でした。

 

 

 

第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝

 

 

結果は、119手で

藤井くんの勝利

 

 

 

 

この勝利の勢いで

 

決勝戦まで勝ちましたね。

 

 

最年少棋戦優勝&最年少六段

ですよ。

 

 

まだ15歳です。

恐るべし、藤井くん

 

 

 

個人的には残念な結果でしたが、

楽しませてもらいました。

 

 

 

 

さて私、実はブログでも

度々触れされせていただくほど

 

羽生さんの大ファンです。

 

 

例えば、コレ☟

資金繰りがうまくいかない30代40代2代目社長...
 
資金繰りがうまくいかない30代40代2代目社長の業績改善をサポートする名古屋市の東...
http://tojo-kaikei.com/management/%e7%8f%be%e7%8a%b6%e7%b6%ad%e6%8c%81%e3%81%af%e5%be%8c%e9%80%80%ef%bc%81%ef%bc%9f/
名古屋発!「経営コンサル」&「税務会計」両輪の税理士事務所

 

 

フワっとした感じで

一見、天然ぽいですし、

(失礼ですね)

寝ぐせも全然気にしないし。

 

 

かといって、

将棋のことになると

人が変わりますしね。

 

 

対局中の

ここぞっていうときの

迫力とかオーラとか

 

ハンパないんですよね。

 

 

羽生さん、以前こう話してます。

将棋は、常に勝利に最も近い手を指せるわけではない。
ただし、勝利に最も近い手が最善手というわけでもない。
指した一手をいかに正しいと思えるものにしていくのか。
「自分が指した手こそが最善手」
これが勝利の秘訣です。

 

 

今指す一手が最善手

だから、中途半端な決断はしない

全責任は自分で背負う

 

 

そういう気持ちが、

あの気迫につながっているんでしょうね。

 

 

 

僕自身、気迫を込めて、

これが最善手という想いで

すべて決断してきたわけではありません。

 

ときには、流れに身を任せて、

周りの影響も受けながら、

中途半端な決断も数多くしてきました。

 

 

けれども、今までのひとつひとつの決断は

すべて最善手なんです。

 

 

 

この仕事を選んだことも

前の会社を辞めて独立開業したことも

地元を離れ、名古屋に住み着いたことも

今日の昼めしにラーメンを食べたこともwww

 

全部!!

 

 

 

これから行うことも全部最善手

です。

 

 

 

自分の決断ひとつで

自分も変われば、家族も変わる

お客様の未来も変わる

 

(そこまでの影響力があればいいですけど・・・💦)

 

 

いくら後悔しても、

打った一手は後戻りできないんです。

 

だからこそ、その一手を

最善手にしなければいけません。

 

 

その一手を無駄にせず、

そこから何かを学び

次の一手に活かすことができれば、

それは最善手ですよね。

 

 

最終的に最善手になれば、

結果オーライです。

 

 

 

 

皆さまは

最善手打っていますか?

 

 

 

羽生くんがオリンピック連覇

宇野くんも銀メダル

 

 

 

こんな嬉しいニュースの中、

 

僕の中の羽生は

羽生善治大先生

です。

 

 

 

東條でした。

それでは、また明日!